デアンドレ・ハンター~カレッジ界屈指のディフェンダーとの評価。外角シュートに磨きがかかれば面白い存在。

2019年度ドラフト1巡第4位はデアンドレ・ハンター(De’Andre・Hunter)です。

アトランタ・ホークスから指名を受けたデアンドレ・ジョーダンはウィング・スパンが218㎝もある、カレッジ界で最高のディフェンダーとの評価を受けています。機動力やフィジカルの強さに加えて、バスケIQも高いこともあり、自身はSF(スモールフォワード)、あるいはPF(パワーフォワード)のポジションであるにもかかわらず、ガードからフォワードまでマッチアップできます。

では、基本情報から見ていきましょう。

基本情報

プロフィール

チーム:アトランタ・ホークス

ポシション:SF(スモールフォワード)/PF(パワーフォワード)

背番号:12

生年月日:1997年12月2日(21歳)

身長・体重:201㎝・102kg

ジャンプ力:N/A

ウィングスパン:218cm

出身校:バージニア大

スタッツ(大学通算)

 G MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
 71 26.6 50.9 41.9 77.3 4.4 1.6 0.58 0.49 12.6

プレーの特徴

ハンターの特徴は、外角シュートに長けている点です。その能力がいかんなく発揮されたのがNCAAトーナメントも決勝戦でしょう。スリーポイントを4本/5本と高確率で決めて優勝に貢献しました。

しかしながら、このスリーポイントシュートですが現時点では評価が分かれる点でもあります。なぜなら大学通算で成功率41.9%は素晴らしいもんであるものの、実際の本数としては2年間で67本というものです。味方からのパスを受けて即、シュートに持っていく、いわゆる「キャッチ&シュート」が得意であるのですが、そのスキルがNBAで通用するかは現時点では何とも言えない気もします。(これは今シーズンのお楽しみですね)

オフェンスもさることながらハンターの場合、管理人が注目しているのはそのディフェンダーぶりです。彼のウィングスパンは218㎝を誇ります。そして大学時代のハンターは「エースストッパー」として相手チームのエースをキッチリと抑え込む役割を果たしていました。その能力の高さは2019年のNCAAシーズンにおいて、NABCディフェンシブプレイヤーオブザイヤーとACCディフェンシブプレイヤーオブザイヤーを受賞していることからも分かると思います。

今シーズン、ハンターがホークスのSF(スモールフォワード)として先発するゲーム数は相応に多いと思います。

エピソード・トリビア

  • 2019年度ドラフト直前にニューオーリンズ・ペリカンズがロサンゼルス・レイカーズとのトレードで今年の全体4位指名権を獲得し、さらに、ドラフト当日にその権利(全体4位指名権)をアトランタ・ホークスへトレード。そのためハンターはホークスに入団した。
  • バージニア州立大学へ進学後、1年生からシックスマンとして試合に出場。しかし、手首を骨折し、2018年のNCAAのトーナメントは欠場した。
  • 2019年(2シーズン目)は1試合平均15.2得点、5.1リバウンドという成績を残し、NCAAトーナメントにも出場。決勝戦では27得点、9リバウンドと活躍。3Pを4本成功させた。
  • 2019年度のANABCディフェンシブプレイヤーオブザイヤーとACCディフェンシブプレイヤーオブザイヤーを受賞した。

管理人のコメント

オールラウンダータイプのデアンドレ・ハンターですが、そのオフェンス力よりも管理人はディフェンダーとしての能力に注目しています。218㎝のウィングスパンを持ち、大学時代からエースストッパー(エースキラー)として相手のフォワードを止めてきた点でNBAでは、まずその能力が期待されているのではないかという理由からです。

特に入団した、アトランタ・ホークスはややディフェンス面で劣勢を強いられて昨シーズンはイースタンカンファレンスで12位(リーグでは26位)と振るわなかったことを考えると、ハンターのディフェンス力は重宝されるのではないかと考えます。

一方でもう一人デューク大でザイオン・ウィリアムソンやRJ・バレットとのチームメイトだったキャメロン・レディッシュもホークス入りを果たしました。ポジションがかぶる(ハンターもレディッシュもSF中心のポジション)二人とどのように共存していくか、またPGのトレイ・ヤングや新加入のジャバリ・パーカーとどのようなケミストリーを醸成していくかなどが今シーズンのホークスの見どころだと思います。

先々を予想するのがすごく難しいとは思いますが、ハンターについては評価も分かれていて、スタープレイヤーに成長するか、いぶし銀タイプの玄人受けするロールプレイヤーに成長するか、興味深いところです。

今シーズン(2019-20年)、戦力アップで下位脱出を期待されるアトランタ・ホークス。その一翼としてデアンドレ・ハンターの活躍に期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました